第171回

書庫室扉について

◆はじめに

この業界には、書庫室扉という分類があります。

今回は、書庫室扉についてです。

 

◆書庫室扉とは

書庫室扉は業務上、保管義務がある書類などを火災から守る事を目的としているそうです。

耐火性能を必要とする書庫室へ設置する扉が書庫室扉です。

書庫室扉は防盗性能より、耐火性能を重視した扉です。

 

◆書庫室扉の耐火性能について

扉製品の耐火性能について】を参照下さい。

収納物の耐熱温度については、【収納物の変質する温度の目安】の記事を参照下さい。

 

◆書庫室扉の防盗性能

耐火性能を重視している為、日本セーフファニチュア協同組合連合会の定める防盗性能がない場合もあります。

規定はありませんが、『防盗性能なし』と言っても以下の性能程度を有するのは一般的です。

・丁番を切断しても扉が外れない。

・カンヌキがついている。

・符号錠(ダイヤル錠)程度は装備されている。

・耐バールこじ開け程度の能力は有する。

 

◆書庫室扉の用途

書庫室扉は、丈夫な扉として医療麻薬保管庫室の扉や薬品庫の扉として採用される事もあります。

場合によっては、認可を取得して質蔵扉としてお使いになられる方もおられます。

質蔵扉については【質蔵扉について】を参照下さい。

 

◆当社での取り扱い

当社は、特注製品を製作する会社です。

市販品で対応が可能な場合は、市販品の購入で対応して頂くようお願いいたします。

当社での特注製品の製作は、特別なお客様のみへの提供となります。

あらかじめご承知下さい。

修理などのサービスは、一般のお客様にも提供が可能です。

 

◆製作事例

引き質蔵扉の製作事例

両開き質蔵扉納入事例

特型寸法両開き書庫室扉施工事例

 

◆おわりに

いかがでしたでしょうか?

書庫室扉は、大切な収納物を保管する設備です。

当記事の知識は、大切な収納物を火災から守るには必要な事です。

正しい知識を身に着け、収納物を守って頂く為に役立てて頂ければ幸いです。

書庫室扉でお困りの際は、お問合せ下さい。

お問合せページへ

※尚、当社はエンドユーザー様のみのお取引となります。

ご質問やご相談につては、エンドユーザー様からのご依頼に繋がる内容以外に対応はいたしません。