蔵扉について

末代まで続く(持つ)といわれる蔵扉。
もちろん一代で何度も購入する必要がないものです。
古いものではないか?メンテナンスが必要ではないか?など
このような事でどうしたら良いかわからないお客様に対し、
三上製作所では、その蔵扉の状態を的確に判断し、必要なアドバイスをいたします。

オーバーホール

改装時などに既存の製品を取り外して工場に持ち込み再塗装や部品の交換などを行い修復します。
別途有料のオーバーホールが出来るかを判断するため下見が必要になります。

オーバーホールへ向く目的の見極め

オーバーホールのサービスは向かない目的の場合は
新規の購入の方が効果的になります。
向く目的
  • ・愛着や思い入れがある
  • ・実用的に使うよりも記念的な意味やオブジェ的に残したい
  • ・現代的な防盗性を有している
向かない目的
  • ・現代の基準と同じ性能を有さなければならない
  • ・大切な物を保管する為に使用する
  • ・コストと効率を求める場合
  • ・実用的使用する為の再利用

土蔵の扉からの入れ替え

既存の土蔵の入口扉や窓扉や蔵戸の撤去を行い新規作成した現代の耐火性能を有する耐火鉄扉へ入れ替える作業です。
入れ替える新規に製作する扉は、特注製品になりますので詳細は、お問い合わせください。
向く目的
  • ・既存の土蔵の外観にこだわりがあるが現代的な耐火性能は欲しい。
  • ・土蔵の扉の外観のイメージを変えたくない。
  • ・土蔵の扉は入れ替えるが既存の蔵戸は思い入れがあり使用したい。
  • ・既存の土蔵の蔵自体に現代的な耐火性能を持たせたい。
出来る事の例
  • ・土蔵の扉を撤去する。
  • ・デザインを既存の土蔵の扉に近づけた物を製作して入れ替える。
  • ・扉の入れ替えに加えて庫内を耐火パネルで覆い外見は土蔵のままで現代の耐火性能を持たせる事も出来ます。
  • ・入れ替えるが既存の蔵戸は思い入れがあり利用できる状態なので引き続き取り付けられるように作業を行う。
    ※状況により要望にお応え出来ない場合がございますので予めご了承ください。
  • ・新規製作の扉の開き方は引き扉などにも対応しております。
  • ・窓扉のみの入れ替えにも対応しております。
注意事項
  • ・当サービスは、思い入れを尊重するサービスです。
    コスト削減を目的とする再利用には向きませんのであらかじめご了承ください。
  • ・当サービスは、思い入れを尊重するサービスの為、施主様との意思の疎通が重要になります。
    施主様との意思の疎通を円滑に行う為、施主様受けのみになります。

新築の土蔵の入口や窓の耐火鉄扉も承っております。

有料電話相談

専門知識は必要でも、現地まで伺わずに電話で済んでしまうこともあります。
電話相談は時には、費用と時間を抑えることが出来ます。
また、早期発見によるトラブルの予防が可能です。
例えば、故障する可能性が高い場合などをご案内することにより、故障を未然に防ぐ、故障個所を拡大させないなどのサポートが可能です。

サービスの流れ

  • ご連絡を頂く
  • 身分証明書の写し
    をFAXで送信
  • 料金の振込
  • 電話相談へ

お問い合わせはこちら