第153回

ライオン事務器表記キング工業(現日本アイ・エス・ケイ)製X-3型投入金庫符号錠の破壊開放

◆はじめに

今回は、ライオン事務器表記のキング工業(現日本アイ・エス・ケイ)製X-3型投入金庫の符号錠のみを破壊による開放の作業の事例のご紹介です。

 

◆対象製品

ライオン事務器表記のキング工業(現日本アイ・エス・ケイ)製X-3型投入金庫。

【ライオン事務器表記キング工業(現日本アイ・エス・ケイ)製X-3型投入】を参照下さい。

 

◆依頼内容

投入金庫の取り出し口の扉の符号錠の暗証番号が不明。

一刻も早い開放。

 

◆作業内容

一刻も早い開放が必要でしたので、符号錠のみを破壊しての開放を選択いたしました。

電動工具を使用して作業を行います。

開放までの作業時間は、道具の準備も含めて約10分~15分でした。

廃棄予定の製品でしたので、復旧は行いませんでした。

※記載されている作業時間は、一例です。

 状況によって作業時間は、大きく変化いたします。

 作業時間を保証するもでは、ありません。

 参考程度にお考えください。

 

◆依頼前に決めて頂きたい事

当社も所属する業界団体で置き金庫の耐火性能の耐用年数を20年と定めております。

20年近く経過している製品は、資金を投じて修理を行う必要があるか、必ずご検討して下さい。

20年経過した耐火金庫は、有事に保障されませんので、買い替えも考慮して検討される事が必要になります。

 

◆おわりに

いかがでしたでしょうか?

当社では、様々な他社製品への対応した実績と経験も豊富です

ライオン事務器表記の金庫でお困りの際は、ご質問ください。

お問い合わせページへ