第141回

元足利銀行店舗のFujiseiko表記貸金庫室扉

◆はじめに

足利商工会議所様に取材をさせて頂いた際に見せて頂いた、Fujiseiko表記の金庫室扉のお話です。

◆特徴

 

鉄で磨きのありふれた金庫室扉です。

表面は、鉄が剥き出しなので触ると錆びます。

定期的に油を塗って、錆を防ぐ必要のある製品です。

錆びてしまった場合は、金庫屋にみがきを依頼すれば綺麗になります。

このタイプの製品は、現在主流の板金加工とは違う手法で製作されます。

鋳造で大まかな形状を作って切削加工機で削り出して製作されます。

現在、この扉と同じ手法で製品を製作する場合はかなり稀です。

以下の日本銀行旧松江支店の扉の画像の様なレベルでないと用いられる事は、少ないです。

扉の裏側がガラスで閂(カンヌキ)がみえるデザインです。

製作側の意見ですが、閂(カンヌキ)が見える様に作るのはとても手間がかかります。

金庫室扉が産業機械になり果てた現在では、この扉厚の製品にここまで手間をかける事はほとんどありません。

 

◆おわりに

いかがでしたでしょうか?

当社では、メーカーに問わず鉄の磨きの金庫室扉を扱ので、見る事が珍しい製品ではありません。

鉄の磨きの金庫室扉への様々なサービスの提供を行っております。

Fujiseiko表記の金庫室扉でお困りの際は、ご相談ください。

お問い合わせページへ

 

◆お礼

今回の画像は、足利商工会議所様で取材させて頂いた際の画像です。

足利商工会議所ホームページへ

足利商工会議所さんへの取材記事へリンク

この場をお借りして、取材にご協力頂いた足利商工会議所様へお礼を申し上げます。

 

※画像の使用は、所有者様の同意を得て掲載しております。