第97回

夜間金庫投入口の塞ぎ作業

今回は、夜間金庫の廃止措置の作業事例のご紹介です。

 

◆作業内容

夜間金庫のサービスを停止する際、カバーで画像のような投入口を塞ぎます。

状況によりカバーの形状が異なります。

下見と実測を行い製品に合わせてカバーを製作します。

 

◆余談

当社では、夜間金庫の投入口を塞ぐ作業と同時に依頼をお勧めしている作業があります。

夜間金庫の取り出し口の符号(ダイヤル)錠の取り外し作業です。

詳細は、【夜間金庫廃止の際に注意したい事】を参照下さい。

 

◆おわりに

いかがでしたでしょうか?

この作業は、特注でカバーを製作しなくてはなりません。

製作する設備がなくては出来ない作業です。

当社の長所が発揮できる作業です。

大手では、実際に作業の出来る当社のような会社へ外注する事の多い内容です。

大手に依頼した場合、費用が割高になる事が予想されます。

夜間金庫でお困りの際は、お問合せ下さい。

お問い合わせページへ