第60回

クマヒラM(モードセイフ)型置き金庫

◆M(モードセイフ)型の特徴

生産台数が多いので頻繁に取り扱う製品です。

当時と現在の規格の基準が違いますが、当時は同社製品のFM-2型の感覚だと思います。

当製品は、廃盤扱の製品です。

この製品が販売されていたのが年代からすると、製造から20年以上経過の製品がほとんどだと思います。

製造から20年以上経過した製品の耐火性能は補償されないので注意が必要です。

以下のページを参照下さい。

→日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会のページへ

年式によって変わりますが、カンヌキハンドルが樹脂のタイプがあります。

樹脂のタイプのカンヌキハンドルは、破損するケースが多発しております。

当社では、このような故障にも対応が可能です。

 

◆M型の表記

以下のようにサイズで分かれています。

・M-20

・M-30

・M-36

・M-48

・M-48Db

・M-60

・M-60Db

◆当製品に弊社が出来る作業

・廃棄

・移動

・点検

・修理